ラミシールが水虫感染者を救う

ラミシールは水虫に効果があるお薬です。飲み薬と塗り薬の2タイプがあり、状況によって使い分けることをおすすめします。また、水虫以外にも効果があるのでそちらの説明もしていきます。

お風呂上りにラミシールクリームを足の裏に塗ろう

もし、足の裏が水虫になってしまったら、他の家族に移してしまったり陰金や田虫などの他の白癬症を発症する前にラミシールを含有する塗り薬で治してしまいましょう。
水虫は、白癬菌と言われる真菌つまりカビの一種が足の皮膚の角質層などに侵入し繁殖してしまった状態です。放置すると爪にまで侵入し爪水虫になってしまうこともあります。こうなると、塗り薬では対応できないので飲み薬を使うことになります。飲み薬は、副作用が強いので、普通は使いませんが爪水虫に対しては使うことが多いです。飲み薬もラミシールで、ラミシールは飲み薬と塗り薬の両方が利用されています。また、爪水虫以外にも、水虫を触った手で他の部位を掻くなどすれば、陰金や田虫などを発症してしまいます。このほか、白癬菌を、家中に撒き散らし、他の家族に感染させてしまう恐れもあります。水虫は自然治癒することはほぼ無いので、治すにはラミシールクリームなどの抗真菌薬を患部に塗ることが必要です。ラミシールクリームは、病院でもらう処方箋の必要なものと薬局やドラッグストアで売っている市販薬の両方があります。いずれも同じラミシールですが、単位量あたりの含有量に違いがあります。ラミシールクリームを塗るときは、患部を清潔にしてから塗ることが求められています。そのため、お風呂上りに塗ると、患部が清潔になっているのでちょうど良いのです。また、お風呂に入ると、水分や温度で皮膚が柔らかくなるので、有効成分が白癬菌に届きやすくなります。そのため、お風呂上りにラミシールクリームを水虫や陰金、田虫などの患部に塗ることをお勧めします。そして、できるだけ早く被害が拡大しないうちに治療してしまいしょう。